マッチングアプリは田舎や地方では意味ない?出会えない?
※本ページにはプロモーションが含まれています
迷ったらコレ!出会いたいなら!

2024年度 おすすめアプリ3選!

ペアーズ

ペアーズ

詳細を見る
2000万人会員数No.1
ユーブライト

詳細を見る
会員6割が3ヶ月で成婚
華の会

詳細を見る
30代~会員数No.1

 

マッチングアプリを田舎で使っても意味ないんじゃない!?
本当に田舎や地方でもマッチングアプリって使えるの?

 

こういった悩みに答えます。

 

結論から言います。

田舎には、「使う意味がないアプリ」と「使う意味があるアプリ」があります。

 

意味ないアプリを使っても時間とお金を無駄にするので、田舎ではマッチングアプリの選び方が最重要になります。

 

そこでこの記事では、

  • 「マッチングアプリは田舎/地方では意味ない・出会えない」は半分ウソ
  • 田舎こそマッチングアプリを活用すべき理由
  • 田舎・地方住みの人がマッチングアプリを使うメリット
  • 田舎・地方でも出会えるマッチングアプリ3選
  • 田舎でマッチングアプリを使うなら知っておくべきこと
  • マッチングアプリで田舎/地方で出会えない人の特徴

を解説します。

 

マッチングアプリは田舎/地方では意味ない・出会えないは半分ウソ

マッチングアプリは、田舎で使っても意味ないと思われがちです。

しかし、それは半分嘘です。

 

どういうことかというと、例えば、同じ県(田舎)で検索したとしても、

  • 会員数の多いアプリには、「1,000人以上」もいる
  • 会員数が少ないアプリには、「10人」しかいない

なんてこともあります。

 

はっきり言って、会員数が少ないアプリは、田舎では使い物になりません。

 

田舎は、会員数が多いマッチングアプリを使うことで、充分にアプリを使う意味が出てきます。

 

 普通に考えて、毎日出会いがない生活をして、出会いを待ち続けるよりも、数は少なくても異性に出会える環境に身を置く方が、圧倒的に出会いが見つかる確率が上がるのは、お分かりですよね?

 

田舎でもマッチングアプリを使って、付き合ったり、結婚したりしている人は大勢います。

 

スポンサーリンク

田舎こそマッチングアプリを活用すべき理由

田舎に住んでいる人こそ、マッチングアプリは活用した方がいいです。

その理由を解説していきますね。

出会いが少なすぎる

田舎ってそもそも本当に出会いがなくないですか?

田舎だと特に行くところもなく、家と学校、職場との往復の生活をしている人がほとんどだと思います。

 

そんな生活で、田舎住みの人には新たな出会いがあるわけがありません。

「友達や知り合いに強力な人脈を持っている人がいて、その人が紹介してくれる」というなら別ですが、そういった知り合いはいない人がほとんど。

 

普通に過ごしていたら、全く出会いがないのが田舎です。

 

普段すれ違える距離にいたとしても、声をかけない限り、知り合いにはなれません。

一方で、マッチングアプリなら、そういった異性ともつながることができます。

 

ちょっと考えてみてください。

あなたが出会いがないことに悩んでいるなら、「あなたと同じように出会いがないことに悩んでいる異性がたくさんいる」と簡単に想像できませんか?

そして、マッチングアプリを始める異性が当然いるわけです。

 

業者が少ない

大前提として、マッチングアプリには、どのアプリにも業者は存在します。

 

そして、その数は都会になるにつれて多くなります。

東京や大阪、福岡などの大都市には、投資勧誘、ネットワークビジネスの勧誘といった悪いことを企んでいる人がたくさんいます。

 

ぶっちゃけ、人口が少ないところで悪いことをするよりも、人口が多いところで悪いことをした方が圧倒的に効率がいいわけです。

(決して悪いことをしていいとは言っていませんよ笑)

 

田舎のように人口が少ないところでは、業者はいないと言い切れませんが、都会に比べるとか・な・り少ないです。

 

ちょっとした業者の見分け方を知れば、業者に怖がることなんて1㎜もないです。

田舎には業者が少ないので、逆に安全というわけです。

 

参考:業者の見分け方
  • プロフ画像が美人、イケメンすぎる
  • プロフ画像がタワマンからの景色、札束、高級車
  • プロフ文に投資で稼いでいる、仲間に感謝などと書いている
  • メッセージで褒めまくったり、会いたがる
  • メッセージで他のサイトに誘導してくる(リンクを送ってくる)
  • やたらとカフェで会おうとしてくる

※「【重要】マッチングアプリでの危険人物の見分け方【詐欺を回避しよう】」でさらに詳しく、危険人物の見分け方を解説しています。

 

田舎・地方住みの人がマッチングアプリを使うメリット

先ほど解説したとおり、田舎ではマッチングアプリを使っても意味ないと言われがちです。

 

しかし、田舎こそマッチングアプリを使って、恋活・婚活をすべき。

その理由を解説していきますね!

 

  1. 知り合いに恋活・婚活していることがバレにくい
  2. 出会いの場に行かなくても、いつでもどこでも出会いを探せる
  3. 競争率が低くライバルが少ないので、デートに持ち込みやすい
  4. 生活圏内以外の異性とも出会える
  5. 恋愛関係に発展しやすい

     

     

    知り合いに恋活・婚活していることがバレにくい

    田舎は近所の噂がすぐに回ってきます。

     

    ガチで婚活している!なんてこと誰かに話してしまうと、アッという間に噂が広がり、「いい人見つかった!?」なんて声を掛けられる可能性もあります。

     

    婚活していることなんかは、できればバレたくないですよね。

     

    マッチングアプリは田舎でも知り合いにバレずに使う方法は、以下の記事を参考にどうぞ。

    関連記事マッチングアプリは田舎だと知り合いにバレる?実際に身バレを防いだ方法

     

    出会いの場に行かなくても、いつでもどこでも出会いを探せる

    マッチングアプリは、スマホ一台あればいつでもどこでも出会いを探すことができます。

     

    仕事の休憩中やちょっとしたスキマ時間。

    ベッドの上、トイレの中など。

     

    あなたの手が空いていれば、場所や時間にとらわれず出会いを探すことができます!

     

    長い時間かけて出会いの場に行ったり、出会いのあるか分からない居酒屋や街中に行ったりする必要もありません。

     

    ライバルが少なくデートに持ち込みやすい

    田舎は都会に比べると、ライバルが少ないです。

    ライバルが少ないということは、ドタキャンや音信不通になりにくいんですよね。

    (都会では、ドタキャンや音信不通は当たり前です…)

     

     都会では、ライバルに自分が狙ってる人を取られて、メッセージはブチられたり、ドタキャン食らうことは普通です。

     

    田舎はライバルが少ないので、少し頑張るだけでかなり出会いやすくなりますよ!

     

    生活圏内以外の異性とも出会える

    マッチングアプリは普段出会えない異性と出会うことができます。

     

    たくさんの人が登録しているので、普通に過ごしていたら出会えない、職業・年齢・タイプの人に出会えますよ!

     

    例えば、男性なら保育士、ネイリスト、CAなど。

    女性なら自衛隊、公務員、IT関係など。

     

    もちろん、年上・タメ・年下など、年齢も関係なく出会えます。

     

    その他にも、

    • 車で数十分のところにいるけど、普段出会わない人。
    • 実際すれ違っている距離にいるのに、出会うことがない人。

    など、無限の可能性が広がっているのがマッチングアプリですね。

     

    恋愛関係に発展しやすい

    マッチングアプリに登録している人は、恋愛目的で登録しています。

    なので、単純に恋愛関係に発展しやすいです。

     

     

    その辺で出会った女性は、既婚者だったり、彼氏/彼女持ちだったりするわけです。

    ただでさえ田舎で出会いがないのに、そんなの効率悪いですよね。

     

    田舎・地方でも出会えるマッチングアプリ3選

    田舎でアプリを使うなら、以下の3つでOK。

    これらのアプリは、会員数が多くメジャーなアプリです。

    1. Pairs(累計会員数2,000万人):コミュニティ機能で趣味や価値観が似ている相手を探せるので、相性のいい相手と出会いやすい。
    2. タップル(累計会員数1,500万人):サクッと会えるフッ軽な10代~20代が多い。外見重視の人にはおすすめ。
    3. with(累計会員数700万人):20代の真剣な恋活をしている人多数。心理テストや性格診断で相性のいい相手と出会いやすい。

     

    Pairs

    会員数累計2,000万人
    年齢層20代~40代
    利用目的恋活・婚活
    料金男性:3,700円(1ヶ月プラン)女性:無料
    真剣度
    3.8
    男女比6:4
    運営株式会社エウレカ
    公式サイトhttps://www.pairs.lv/

    Pairs』は、国内最大級のマッチングアプリ で、累計会員数も2,000万人を超えています。

    初めてマッチングアプリを使うときにペアーズを選ぶ人も多く、いまも会員数を伸ばしています。

     

    実際に、恋人ができた!会員数が多くて出会いやすい。といった口コミもたくさん出てきます。

    公式サイトにも、毎月13,000人に恋人ができていると公表されています。

     

    会員数が多いのはもちろん、趣味や価値観で相手を捜せる機能もあることから、自分にあった恋人が見つかりやすいのでしょう。

     

    \会員数2,000万人超え!/

    ペアーズの公式サイトはこちら

    ※18歳未満利用禁止

    >>ペアーズの口コミをもっと見る

     

    タップル

    会員数累計1500万人
    年齢層20代前半
    利用目的恋活・デート
    料金男性:3,700円(1ヶ月プラン)女性:無料
    真剣度
    2.8
    男女比6:4
    運営株式会社タップル
    公式サイトhttps://tapple.me/

    タップル』は、20代前半を中心に爆発的な人気を誇っているアプリです。

    口コミでは恋人ができた、スワイプのみの操作で簡単。などと非常に高評価です。

     

    会員数が1,500万人を突破し、さらに会員を伸ばし続けています。

     

    \マッチング率No.1!/

    タップルの公式サイトはこちら

    ※18歳未満利用禁止

    >>タップルの口コミをもっと見る

     

    with

    会員数累計700万人
    年齢層20代中心
    利用目的恋活・婚活
    料金男性:3,600円(1ヶ月プラン)女性:無料
    真剣度
    4
    男女比6:4
    運営株式会社with
    公式サイトhttps://with.is/welcome

    with』は、20代を中心に大人気のマッチングアプリです。

    ネット上でも、「彼氏ができた。」「彼女ができた。」と多数のいい口コミを見かけます。

     

    心理テストや好みカードなどといった、相性のいい相手を見つけられる工夫が施されていることで、恋人ができやすい環境になっているんですよね。

     

    withは、20代の若者を中心に、登録者数が急増中の大人気マッチングアプリです!

     

    \心理テストで相性のいい相手に出会える/

    withの公式サイトはこちら

    ※18歳未満利用禁止

    >>withの口コミをもっと見る

     

    田舎や地方でもマッチングアプリで出会うコツ

    田舎や地方でもマッチングアプリで出会うコツについて解説します。

    これを知っているか知らないだけで、田舎で出会えるのか、出会えないのかに大きく左右してきます。

     

    1. 近隣3県を検索対象にして、出会える女性を増やす
    2. 検索条件を広くして、多くの女性を見てみる
    3. デート前に通話かビデオ通話をする
    4. 会員数の多いマッチングアプリを掛け持ちする

     

    順に解説します。

     

    近隣3県を検索対象にして、出会える女性を増やす

    相手を探すときに、近隣3県を検索対象にしましょう。

    そうすることで、出会いが大幅に広がります。

     

    さらに、普段出会えない人との出会いも掴むことができます。

     場合によっては、同じ県だけど、隣の県の方が近い。ということもあるので、自分の住んでる県以外も検索対象にすることはかなり有効ですよ!

     

    検索条件を広くして、多くの女性を見てみる

    検索条件を広くすることも有効です。

    先程は、住んでいる地域を広げることを紹介しました。

     

    • 年齢
    • 身長
    • 体型その他の条件

    などの検索条件を広くしてあげることで、出会いの幅が広がりますよ!

    もしかしたら、そこに好みの異性がいるかもしれないので、どんどん検索条件を広げてチェックしてみるのがいいでしょう!

     

    デート前に通話がビデオ通話をする

    デート前に通話かビデオ通話をすることで、相手に親近感が湧き、出会ってくれる可能性が高まります。

     

    通話やビデオ通話は、自分の声や雰囲気を知ってもらえるので、通話をしていない状態よりかは、確実に安心してもらえるんですよね。

     

    通話をしていないと、デート前日になって、「少し不安になってきた。会うのやめようかな。」と感じる女性もいます。

     

    そうならないために、デート前に通話やビデオ通話をすることで、相手の不安を取り除き、実際に会ってみたいと思ってもらえる可能性が高まるんですよね。

     

    できるだけ、デート前に通話やビデオ通話をしておくことをおすすめします。

     

    会員数の多いマッチングアプリを掛け持ちする

    田舎民は、会員数の多いアプリを掛け持ちしましょう。

     

    田舎は人口が少ないので、はっきり言って、マッチングアプリを使っている人も少なめです。

     

    しかも、

    「Aのアプリには登録しているけど、Bのアプリには登録してない。」

    という女性は結構多いです。

     

    田舎で最大限出会いを増やすためにも、できるだけアプリの掛け持ちをしたほうがいいでしょう。

     

    併用することであなたに合った女性にも出会いやすくなりますしね。

     

    日本国内で会員数がトップクラスに多いアプリは、以下の3つ。

    1. Pairs(累計会員数2,000万人):コミュニティ機能で趣味や価値観が似ている相手を探せるので、相性のいい相手と出会いやすい。
    2. タップル(累計会員数1,500万人):サクッと会えるフッ軽な10代~20代が多い。外見重視の人にはおすすめ。
    3. with(累計会員数700万人):20代の真剣な恋活をしている人多数。心理テストや性格診断で相性のいい相手と出会いやすい。

     

    40代~50代の地方住みの方におすすめのマッチングアプリは以下の記事で紹介しています。

    >>地方・田舎住みの40代,50代婚活におすすめのマッチングアプリ

     

    マッチングアプリが田舎で意味ないと思われる理由

    マッチングアプリは田舎では意味ないと言われがちですよね。

     

    しかし、なぜ田舎はマッチングアプリが意味ないと思われてしまうのでしょうか?

     

    1. 人口が少なく知り合いばかりいそうだから
    2. 恋愛対象になる人がいなそうだから
    3. 田舎で使ってる女性が少なく偏見を持ってるから

     

    それぞれ解説します。

     

    人口が少なく知り合いばかりいそうだから

    田舎では人口が少ないので、知り合いばかりいそう…と感じている方も多いよう。

     

    たしかに田舎や地方では、近くにいる人が同じ学校の人だったり、知り合いの知り合いがいたりします。

     

    しかし、会員数の多いアプリを使うことで、普段出会えない異性にも出会えますし、身バレを防ぐ方法もあります。

     

    身バレを防ぐ方法については、以下の記事を参考にしてください。

    関連記事マッチングアプリは田舎だと知り合いにバレる?実際に身バレを防いだ方法

     

    恋愛対象になる人がいなそうだから

    さらに、人口が少なく恋愛対象に入る人がいなそうだからと感じる方もいます。

     

    たとえ、知り合いではなかったとしても、本当にモテなさそうな人や恋愛対象に入らない人ばかりしかいないんじゃない!?と思ってしまうのも1つの理由です。

     

    特に田舎住みの人は、「マッチングアプリ=モテない人の集まり」みたいなイメージがどこかにあるんですよね。

    田舎で使ってる女性が少なく偏見を持ってるから

    田舎で身近に使っている人を見かけないので、いまだに偏見を持っているという方もいますね。

     

    「みんな使ってないから、使いたくない。使うべきではない。」という心理が働いていると言えます。

     

    マッチングアプリとかネットで出会った人なんて…という概念がいまだに残っている人が田舎には特に多いです。

     

    マッチングアプリで田舎/地方で出会えない人の特徴

    マッチングアプリで田舎/地方で出会えない人には特徴があります。

     

    自分から積極的にアプローチしていない

    自分から積極的にアプローチしていない人は、地方や田舎は特に出会えません。

     

    気になる人がいたら、相手からのアプローチを待つのではなく、自分からアプローチすることが大切です。

     

    高望みしすぎている

    高望みしすぎている人も、田舎や地方で出会えません。

     

    田舎や地方では、人口が少ないので、会員も少なくなりがちです。

    しかし、会員が少ないにも関わらず、高望みしてしまうと、いい人いない。と感じてしまい、出会えなくなってしまいます。

     

    実際に会ってみたら、意外と相性のいい相手の可能性もありますし、仲良くなって異性を紹介してくれる可能性もあります。

     

    高望みをしすぎず、まずは出会ってみることをおすすめします。

     

    近い距離だけで検索している

    近い距離だけで検索している人も出会えなくなってしまいます。

     

    田舎や地方は人口が少ないので、自分が住んでいる近くだけで検索すると、人がいない。ということが起こります。

     

    田舎や地方では、隣県も検索対象に入れて検索することで、ヒットする相手がグッと増えます。

     

    隣県での検索をしていない人は、ぜひ試してみて下さいね。

     

    田舎で使う意味のあるアプリは決まっている!

    田舎では、会員数の多いアプリ以外、使う意味はありません。

     

    もし、田舎でマッチングアプリを使おうとしているなら、会員数の多いアプリを選ぶようにしましょう。

     

    田舎で出会いがない状態で、誰かに出会うのを待つよりも、出会いを求めている異性がいるところに足を踏み入れることで、一気に出会いが広がります。

     

    そして、隣の県や検索条件を広げることで、さらに出会いを広げることができます。

     

    個人の人脈よりも、ネットを使った方が明らかに出会いが増えるに決まっています。

    知り合いにバレずに使うことも出来るので、田舎でもマッチングアプリで出会いをバンバン増やしていきましょう!

    >>マッチングアプリは田舎だと知り合いにバレる?実際に身バレを防いだ方法