田舎の社会人って、マジでどうやって出会えばいいんだよ!

出会いなさ過ぎて、絶望しそう。

田舎の社会人はこのように感じている人がめちゃくちゃ多いですよね。

 

僕も田舎住みだったので、田舎の社会人の出会いのなさは知っています。

 

では田舎の社会人はどうやって出会えばいいのか。

 

結論から言うと、マッチングアプリを使いましょう!

田舎はぶっちゃけこれだけしかないです。

 

この記事では、田舎で出会いを増やす上での考え方、マッチングアプリをおすすめする理由を紹介していきますね。

田舎はマッチングアプリ以外無理ゲーです

先ほど述べた通り、田舎で出会う方法はマッチングアプリ一択です。

 

おそらくあなたは、友達からの紹介もしてもらっていることでしょう。

もしくは、友達からも紹介する人がいないと言われた方もいるはず。

 

ナンパは、街中に歩いている人がいないですね。

合コンも、集めるのに人脈が必要だし、その人脈もないですね。

 

こうなると、田舎はマッチングアプリしかないんですよ。

 

田舎でどうやって出会うのか分からないような状態なのに、「そのうち出会いあるかも…」なんて受け身でいたら、取り残されて押しまいです。

田舎の社会人がマッチングアプリを使うべき理由

田舎の社会人がマッチングアプリを使うべき理由は以下の3つです。

田舎の社会人がマッチングアプリを使うべき理由
  • 普段出会えない人と出会える
  • 効率よく相手を探せる
  • コスパがいい

普段出会えない人と出会える

マッチングアプリには、普通に出会いを求めていたら、絶対出会えない人に出会える可能性があります。

 

  • 年上に甘えたいのに、年上との出会いは一切ない。
  • 年下をかわいがりたいのに、年下との出会いが一切ない。

このような状況を、マッチングアプリに登録した瞬間に打破できます。

 

その他にも尊敬できる人に出会えたり、一緒にいて楽しい人に出会えたりする可能性がグーンと上がります。要は、あなたの出会いがマッチングアプリに登録することによって、爆発的に増やすことが出来るということです。

効率よく相手を探せる

マッチングアプリは、出会いを増やすことの効率がめちゃくちゃ上がります。

 

自分の住んでいる都道府県から登録している人を検索することが出来るので、自分の住んでいる近くにいる人を見つけることができます。しかも、"出会いを求めている人を"です。

 

マッチングアプリに登録しているということは、出会いを求めて登録しているわけなので、恋愛にも発展しやすいです。

 

これで、無駄に飲み歩いたり、イベントに参加したりして、出会いを求めている異性を探さなくてもOKです。

田舎でリアルで異性を探すことは、時間と労力、お金がもったいないです。効率が悪すぎて。

コスパがいい

マッチングアプリはコスパもいいんですよ。

 

女性は基本無料。

 

男性は、月3,500円~4,000円程度。

1日あたり、120円~130円ほどです。

 

月に1回の飲み会を減らせば、実質無料で使うことさえできます。

毎日、職場などでペットボトルを買っている人も、水筒にすれば実質タダですね!

 

異性との出会いが全くない、つまんねー生活を送るくらいなら、このくらいの投資は安いもんです。

 

 

もしかしたら男性の中に、「なんで女性だけ無料なの!?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

そこにはしっかり理由があり、"男性の方が出会いに能動的だから"です。

 

当然、女性が多いアプリに男性は集まります。

女性まで有料のアプリにしてしまうと、女性が無料のアプリに取られてしまいます。(有料よりも無料の方が絶対いいですもんね。)

すると、女性が少ないアプリに男性が寄り付かず、ビジネスとして成り立たなくなるからです。

 

マッチングアプリ側も運営しているわけなので、利益がないとビジネスにはなりません。

男性はこの辺は目を瞑って、利用するのがマストです。

田舎の社会人におすすめのアプリ

田舎でマッチングアプリを使うべき理由が分かったところで、どのアプリを使えばいいの!?という方もいるでしょう。

そこで、田舎の社会人におすすめのマッチングアプリを3つ紹介していきます。

Pairs|国内最大級の定番マッチングアプリ

pairs2

Pairsは、国内最大級のマッチングアプリで、累計会員数は1,000万人を超えています。

これだけ会員数がいると、田舎でも出会いを求めている人がめちゃめちゃいます。

 

登録して検索すると分かりますが、「自分の近くにも、こんなに恋愛をしたい異性がいるの!?」とビックリするはず。

僕の出身地"青森"ですら、18歳~35歳で検索して、8000人以上登録者がいました。

 

マッチングアプリ初心者は、まずこのPairsに登録する人が多く、恋愛初心者もいるのでそんなに身構えなくても大丈夫です。

 

Pairsには、コミュニティ機能というものがあり、趣味や価値観が似ている相手を見つけやすい機能になっています。

 

例えば、「居酒屋好き」「鬼滅の刃好き」というコミュニティも存在していて、10万以上のコミュニティがあると言われています。

ただでさえ田舎で出会いもないのに、リアルで"自分に合う人"を見つけるなんて、さらに難易度上がりますよね。

 

Pairsなら、たくさんの会員の中から、近くの人で自分に合う人が見つけることが可能になります。

Omiai|将来を見据えた出会いを見つけられるマッチングアプリ

Omiaiは、累計会員数が530万人超えの、国内で2番目に多いアプリです。

 

年齢層は20代後半~40代の方が多く、結婚を視野に入れている人が多いです。

「もう次の恋愛で最後にしたい」

「次、出会った相手を大事にする覚悟がある!」

という方は、将来を見据えた出会いを探している人が多い、Omiaiがおすすめ。

 

Omiaiの口コミには、美男美女が多いとの口コミもあります。

結婚相手が美男/美女だったら、嬉しい人も多いはず。

ぶっちゃけ田舎で、美男美女ってほとんど見ないですからね(笑)

 

そして、田舎では知り合いの身バレが気になる方もいるでしょう。

身バレを防ぐ「身バレ防止機能」が基本有料ですが、Omiaiなら無料で使えます。

 

Omiaiは、田舎でも会員数が多く・真剣な出会いを探せる・身バレ防止も出来る、最高のアプリです!

with|相性のいい人が見つかる心理系マッチングアプリ

with(ウィズ)
withは、累計会員数が290万人とすこし少なめですが、田舎の若い世代が利用する分には問題ありません。

30代以降があまりいなくて、20代がほとんどなので、会員数が少なく見えるだけです。

 

年齢層が、20代~30代前半で、若い世代が中心です。

特に、大学生や社会人1年目~5年目あたりが多い印象。

 

withは、メンタリストDaigo監修の心理系マッチングアプリ。

心理テストや性格診断などが充実していて、その結果により、心理学的・客観的に自分と相性のいい人が見つかりやすいです。

自分が思いもしなかったタイプとの相性を発見できたり、新しい自分を知ることが出来たり、これからの恋愛にも知っておいて損はないことを知ることができます!

 

withも、身バレ防止機能が無料で使えます。

田舎で身バレをせずに、出会いを探したいという若い方は、with一択です!

田舎でどうやって出会うか悩んでいるならマッチングアプリ一択

田舎はそもそも人口が少ないので、リアルで出会いを探すのは、バカみたいに効率が悪いです。

あなたも、田舎でリアルで出会いを探すのは、限界だと感じているはずです。

 

そんな解決できない問題を考えていても、時間ばかりが過ぎてしまいます。

そして、あなた自身が30代・40代になっても相手が見つからない。という状況が想像できちゃうなら、いま行動しなきゃ現実になります。

 

最近は、田舎でもマッチングアプリの利用率が上がってきています。

この波に乗り遅れないようにしましょう!

 

>>>Pairs公式サイトはこちら

>>>Omiai公式サイトはこちら

>>>with公式サイトはこちら