遠距離で彼氏彼女が冷めたときのサインとは?

 

遠距離恋愛中なんだけど、彼氏/は彼女が冷めてきてる気がする…。

遠距離恋愛中に冷めたときのサインを知りたい。

相手が冷めたとき、どんなサインを出すのかな?

 

こういった悩みに答えます。

 

 

遠距離恋愛中に、冷められたかも…。と感じることってありますよね。

 

そんなとき、冷めたときのサインを知りたいと感じるでしょう。

 

そこでこの記事では、遠距離恋愛中に彼氏彼女が冷めたときのサインについて紹介していきます。

 

遠距離恋愛中に彼氏彼女が冷めたときのサイン

遠距離恋愛中に彼氏彼女が冷めた時に出すサインには、どんなものがあるのでしょうか?

 

LINEやメッセージの返信が遅くなった

LINEやメッセージの返信が今までよりも遅くなることも冷めた時のサインの1つ。

 

好きな人ならLINEやメッセージはすぐに返したい。と思う人がほとんどです。

返信が気になって、既読付いてるかな?とトーク画面開いてしまう人もいるでしょう。

 

ましてや遠距離恋愛なら、なかなか会えないので、連絡は頻繁に取っていたいと感じるはずです。

 

なのに、返信が今までよりも遅くなったということは、あなたの優先順位が下がった可能性が高いです。

 

雑/素っ気なくなった

対応が雑になったり、素っ気なくなったりするのも、冷めた時のサインの1つです。

 

例えば、

好きだよ。と伝えて、今までは俺/私も好きだよ。と返ってきていたのに、ありがと。で終わったり。

電話しよ!と伝えて、今までは電話しよう!と返ってきていたのに、ちょっと今日は…。と断られたり。

 

あからさまに対応が素っ気なくなっていたら、あなたへの気持ちが冷めた可能性が高いです。

 

会う機会が少なくなった

会う機会が少なくなるのも、冷めた時のサインです。

 

そもそも遠距離恋愛は、会う機会がめちゃくちゃ少ないです。

月一で会えたら、いい方なのではないでしょうか?

 

そんな遠距離恋愛で、さらに会う機会が減ってしまうとなると、あなたとは会わなくてもいい。と言っているようなもんです。

 

忙しいとか、どうしても都合が合わないこともあるでしょう。

しかし、特に環境が変わっていないのに、会う機会が減ったなら、あなたへの気持ちが変わってしまった可能性が高いでしょう。

 

デートの予定を提案してこなくなった

デートの予定を提案してこなくなるのも、冷めたときのサインになります。

 

今まではデートの度に、ここに行きたい!ここに行かない?などと提案してきていたのに、提案がなくなってきたということは、別に会うのが楽しみじゃない。ということになります。

 

電話に出てくれない

電話に出てくれなくなることも、冷めたときのサインの1つです。

 

遠距離恋愛での電話は、2人の仲を深めるためにかなり重要なものです。

 

前までは、彼氏や彼女が電話をかけたら出てくれたのに、電話を取ってくれなくなったら、わざと電話に出ないようにしている可能性があります。

 

わざと電話に出ないようにしているなら、あなたに興味がなくなってきていることを示しているのかもしれません。

 

スマホばかりいじるようになった

会っているときにデートを楽しもうとせず、スマホばかりいじるようになったのも、あなたへの気持ちが冷めたサインかもしれません。

 

遠距離でなかなか会えない中、久しぶりに会えたら、スマホをいじる暇はないはず。

 

なのに、スマホばかりいじるということは、あなたへの興味の薄れが影響しているかもしれません。

 

浮気された

彼氏や彼女への気持ちが冷めてしまうと、浮気をしてしまうこともあります。

 

相手が浮気をしてしまったら、あなたへの気持ちが冷めているサイン。

あなたへの気持ちがあるなら、大切にしようと思うはず。

 

浮気をしてしまうということは、あなたを大切にしようとする気持ちが薄れているので、冷めてしまっているサインかもしれません。

 

会えたのに楽しくなさそう

やっと会えたのに楽しくなさそうなのも冷めたサインを出しているのかもしれません。

 

遠距離で全然会えない中、相手が好きなら、「やっと会えたね。」となるはず。

 

やっと会えたことが嬉しすぎて、デートが何倍も楽しくなるはずですが、楽しくなさそうなのであれば、あなたへの気持ちが冷めているのかもしれませんね。

 

二人の関係にネガティブな話をするようになった

二人の関係にネガティブな話をするようになってきたことも、冷めたサインかもしれません。

 

例えば、

  • 俺たち/私たち、上手くいかないよねきっと。
  • ○○ちゃん/○○君は、他に好きな人とかできないの?
  • 遠距離って辛いよね。俺たち/私たち続くのかな。

など。

 

関係を壊すようなネガティブなことを言うということは、関係を終わらせたい気持ちが少なからずあるということ。

 

あなたを不安にさせるようなことを言ってきたら、相手が冷めたサインを出しているのかもしれません。

 

デート代や交通費をケチるようになった

デート代や交通費などをケチるようになったのも、冷めたサインを出しているのかもしれません。

 

あなたへの気持ちがあるなら、お金をいきなりケチるなんてことはありません。

好きでもない人には、お金を使うことがもったいないと感じてしまうのは当然です。

 

いきなり、お金に関してケチるようになったら、冷めたサインを出してきているのかもしれません。

 

記念日を忘れるようになった

付き合った記念日を忘れてしまうようになったことも、冷めたサインになります。

 

記念日とかあまり気にしないという人もいますが、いままで覚えていたのに、忘れていたというのなら、あなたへの気持ちが冷めているのかもしれません。

 

将来の話をしなくなった

将来の話をしなくなってしまったのも、冷めたサインかもしれません。

 

早く一緒に住みたいね!

いつ同棲する?

なんて話がなくなってしまうのも、あなたへの気持ちが冷めてきているかも。

 

遠距離でも相手が好きなら、早く一緒になりたい。早く一緒にところに帰りたい。と思うはず。

 

しかし、そんな将来の話がなくなってしまうのは、あなたへの気持ちが薄れてきている可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

遠距離恋愛中の冷めたサインを見極めて今後の行動を決めよう

遠距離恋愛中で冷められたのかな?と感じたとき、相手はなにかしら冷めたサインを出してきています。

 

冷めたときのサインを紹介してきましたが、それを参考にして、冷めたサインを見分けて、今後の行動を決めていきましょう。

 

別れは辛いかもしれませんが、他の相手に乗り換える勇気を持つことも必要ですよ。

 

他の人を探すなら、会員数の多いPairsがおすすめ。

 

>>【ペアーズの評判】マッチングアプリPairsはやめたほうがいい?実際に使ってみた感想

 

 

スポンサーリンク