マッチングアプリでライバルに勝つ方法とは?

 

マッチングアプリってライバル多すぎない!?
ライバルに勝てる気がしない…。

 

「この人と絶対付き合うんだ!」「けっこういい感じだからイケるかも!?」と思っていたら、音信不通になったり、お断りされたりすることってありますよね。

 

それはつまり、マッチングアプリにいるライバルに負けた。ということ。

 

僕自身も、散々マッチングアプリ内のライバルには頭を悩まされてきました。

 

しかし、ライバルに差をつけることで、なたはライバルに勝つことが出来るようになりますし、彼女だって作ることが出来るようになります。

 

この記事では、ライバルに勝つ方法を「メッセージ編」と「デート編」に分けて紹介していきます。

ライバルに勝って、必ず彼女をGETしましょう!!

 

そもそもライバルを減らすことで出会いやすくする

そもそも論で、"ライバルが少ないアプリ"を使えば出会いやすくなります。

 

PairsOmiaiは、ぶっちゃけ、ライバルがガチで強いです。

 

 大手マッチングアプリの「Pairs」は会員数1,000万人超え。

「Omiai」は会員数530万人超え。

 

会員数が少ないアプリを使えば、ライバルは極端に減ります。

そして、あなたが1人勝ちをすることだって出来るかもしれません。

 

会員数が少ないけど、おすすめのアプリは以下の2つです。

 

この2つのアプリについて少し解説しますね!

with|相性のいい人を見つけられる心理系マッチングアプリ

with(ウィズ)
withは、会員数が290万人とすこし少なめで、ライバルもしっかり減らせます。

 

年齢層は20代~30代前半で、若い世代を中心に大人気のアプリ。

特に、大学生や社会人1年目~5年目あたりの社会人なり立ての方が多いです。

 

withはメンタリストDaigoさんが監修していて、心理テストが充実しています。

この心理テストの結果で、ライバルと差別化することもできます。

もし2人の相性が良ければ、「この人、私と相性いいんだ…!」と勝手に意識してたりします。

 

相性がいい女性とは、やはり関係が長続きしやすいです。

居心地もいいですしね。

 

そんな彼女を見つけたいなら、withの心理テストで診断してみましょう!

 

\心理学的に相性のいい彼女を見つける!/

withに無料登録する!

※Facebook経由で登録しても、Facebook上に活動内容が投稿されることは一切ありません。

ゼクシィ縁結び|男女同額で真剣度が高いマッチングアプリ

ゼクシィ0425

ゼクシィ縁結びの会員数は、「110万人」とライバルを多く減らすことができます。

 

一度は聞いたことはあるであろう、"あのリクルート"が運営しています。

婚活といえば、リクルートを思い浮かべる人もいるでしょう。

それだけ知名度・信頼性ともに抜群で、安心感があります。

 

年齢層は、20代〜30代で7割以上を占めていて、若い方が多いですね。

若い年齢層ですが、結婚を目的とした婚活アプリです。

20代~30代の結婚を意識している方にはピッタリです。

 

価値観診断という、登録時に18問の質問に答えるだけで、女性とのマッチ度(相性)が分かります。

価値観が似ている相手を見つけたいけど、ライバルに負けてしまうという方は、ゼクシィ縁結びで価値観診断をやってみてください!

 

そして、『男女有料会員のみ』なので真剣ユーザーしかいません。

 

\厳選された会員から、真剣な婚活相手が見つけられる!/

ゼクシィ縁結びに無料登録する!

※Facebook経由で登録しても、Facebook上に活動内容が投稿されることは一切ありません。

 

それでは、本題です。

ライバルに勝つために、メッセージ編とデート編に分けて紹介しますね。

ライバルに勝つために【メッセージ編】

出会う前のメッセージでライバルと差をつけるための方法をまとめました。

以下の5つです。

  • 1通目のメッセージ
  • 下の名前かあだ名で呼ぶ
  • 返信のボリュームを合わせる
  • 脈ありと感じるまでは駆け引きはいらない
  • 早い段階でLINEに切り替える

1つ1つ解説していきますね。

1通目のメッセージ

マッチングできてメッセージが出来るということは、あなたに興味は少なからずあるはずです。

いかに、マッチング後のメッセージで相手の気を引けるかが大切です。
例えば、
マッチングありがとうございます。
よろしくお願いします。

というありきたりな文章では、印象には残りません。

 

これを、以下のようにすると、

○○さん、マッチングありがとうございます。
笑顔が素敵すぎて、サクラかと思いながらも、いいねを送っちゃいました(笑)
よろしくお願いします!

これだとどうでしょうか。

 

  • マッチングありがとう→感謝
  • 笑顔素敵→褒める
  • サクラかと思った→ユーモア

少しは印象には残りそうじゃないですか?

 

 このように、印象に残るインパクトのあるメッセージを1通目にぶち込むことで、相手はあなたのことをしっかり意識してくれるようになります。

下の名前かあだ名で呼び、敬語をやめる

早い段階で、相手を下の名前かあだなで呼ぶようにし、敬語をやめましょう。

こうすることで、一気に2人の距離を縮めることができます。

 

3~4通程度やり取りしたら、

○○さんのこと、下の名前で呼んでいいですか?
あと、仲良くなりたいので敬語やめましょう!(笑)

このように送ってみましょう。

 

きっと、一足早く仲良くなることができますよ!

返信のボリュームを相手に合わせる

返信のボリュームを相手に合わせましょう。

 

 相手の返信が3行程度なのに対して、あなたが10行のような長文を送ってしまうと、メッセージを開いた瞬間に、「うわっ!」と引かれてしまう可能性があります。

 

相手の返信してきたボリュームに合わせて、返信することを心がけましょう。

脈ありと感じるまでは駆け引きはいらない

気になる相手とのメッセージで、返信をわざと遅くするといった駆け引きをする方がいますが、そのような駆け引きはいりません。

 

 ぶっちゃけ、脈がない状態で返信をわざと遅くしても意味ないです。

脈があるからこそ、「あれ、あの人から返信こないな…」と思われるのです。

 

脈があるなと感じるまでは、駆け引きはせずに電話などをして、その相手との信頼関係を作っていきましょう!

早い段階でLINEに切り替える

早い段階でLINEに切り替えることで、心理的に相手に近づくことができます。

 

サクッとLINE交換の打診ができると最高ですが、難しい人は焦らず仲が良くなってからでいいと思います。

話が盛り上がってきたところで、「LINE交換しない?」とはっきり伝えるといいでしょう。

 

 女性からは、基本LINE交換は提案されないですので、男性のあなたがLINE交換の打診をしてあげましょう。

ライバルに勝つために【デート編】

ライバルに勝つために、デートのときにやっておくべきことをまとめました。

 

それが以下の2つです。

  • デート場所の提案をしてあげる
  • 相手の話を聞くことに徹する
1つずつ解説します。

デート場所の提案をしてあげる

デートに誘うときは、必ず2~3つくらいプランを用意してあげましょう。

 

デートに誘ったはいいものの、「どこに行こうか?」では相手に考えさせることになるので、印象が悪いです。

相手の話を聞くことに徹する

最終的には、相手の話の聞き役になることが一番大切です。

 

自分の話ばかりの人は、女の子から毛嫌いされやすいです。

女性は男性よりも、"共感してもらいたい"という心理が強いです。

 

男性にとっては、どうでもいいことに悩んでいることもありますが、そこをグッとこらえて共感してあげることで、女の子からの信頼度は一気に上がります。

ライバル多すぎ!と感じたら戦う場所を変えるのも一つの戦略

最後、あで読んでいただきありがとうございます。

 

マッチングアプリには、必ずライバルは存在します。

そして、会員数の多いアプリはライバルが増える可能性が高いです。

 

ライバルが少ない、会員数が少なめのアプリ(自分が勝ちやすいところ)に身を置くこともかなり重要ですよ!

【この記事で紹介したアプリ】