マッチングアプリで顔写真が悪用された。
どうしたらいいのか知りたい。
顔写真を悪用されないための方法も知りたい!

 

こういった悩みに答えます。

 

 

記事の内容

  • マッチングアプリで写真が悪用されると起こること
  • マッチングアプリで写真が悪用されないようにする方法
  • マッチングアプリで顔写真が悪用されたときの対処法
  • 悪用されにくい安心な顔写真の撮り方

 

記事の信頼性

当サイト筆者は、10以上のマッチングアプリを使い、120人以上の女性と出会っています。写真の悪用をされた女友達もいて、その女性にも話を聞いています。

 

 

マッチングアプリで顔写真を載せるのは、悪用されそうで怖いですよね。

もしかしたら、「実際に悪用されてしまった…」という方もいるかもしれません。

 

しかし、顔写真を悪用されたときの対処法や悪用されないための方法を知っておくことで、最大限自分の身を守ることができます。

 

 

そこで今回は、『マッチングアプリで顔写真が悪用されないようにする方法』、『マッチングアプリで悪用されたときの対処法』を紹介していきますね。

 

この記事を最後まで読み終えることで、マッチングアプリで写真を悪用されずに安全に使うことができるようになりますよ!

 

マッチングアプリの写真が悪用されるとなにが起こる?

あなたは、マッチングアプリで顔写真が悪用されてしまうと、なにが起こるか把握していますか?

 

どんな悪用のされ方をしているかを把握していないと、あなたが気付かないうちに個人情報が流出してしまう可能性だってあります。

 

結論、写真を悪用されると以下のようなことが起こります。

 

  • 勝手に顔写真が使われる
  • SNSアカウントがバレる
  • 腹いせで写真が晒される

 

それぞれ解説します。

 

勝手に写真が使われる

マッチングアプリやTwitterなどのSNSで、勝手に写真をプロフィール写真として使われる、悪用の仕方です。

 

特に、美人が悪用されやすいのですが、それは単純にフォロワーを集めやすいからです。

 

アイドルや美人インフルエンサーのツイートなどで、「勝手に写真使われてた!これは偽物です。」というのが、まさにこれです。

 

よくある典型的な悪用の仕方ですね。

 

SNSアカウントがバレる

写真を悪用されると、SNSアカウントがバレる危険性があります。

 

どういうときに、SNSアカウントがバレてしまうのかというと、

『マッチングアプリの写真』と『SNSに載せている写真』を同じ写真を載せていて、アカウントに鍵を付けていないときです。

 

 

マッチングアプリに載せている写真をスクショして、Google画像検索をすることでその人に関連する画像が出てきてしまうんです。

 

当然、SNSに載せている写真も画像検索で引っ掛かるので、そこからあなたのSNSが特定されてしまうというわけです。

 

腹いせで写真が晒される

腹いせで顔写真を晒される危険性もあります。

 

マッチングアプリで、なにか嫌なことをされた腹いせに、「こいつ、うざい!」などと写真付きでSNSに晒されることも、かなり稀ですがあります。

 

例えば、以下のようなこと。

 

  • 告白を断った
  • ブロックした
  • 通報した
  • 返信しなかった

このようなことに腹を立てて、写真を悪用(晒す)する人もいます。

 

マッチングアプリで顔写真が悪用されないようにする方法

写真を悪用されずに安心

マッチングアプリで顔写真の悪用が怖い人が必ずやっておくべき、顔写真を悪用されないようにする方法について解説しますね。

 

それが以下の4つの方法です。

 

  • 写真を載せずに会ったとき直接見てもらう
  • マッチング後に交換する
  • SNSと違う写真を載せ、アカウントは鍵を付ける
  • 身バレ防止機能を使う
それぞれ解説します。

    写真を載せずに会ったときに直接見てもらう

    マッチングアプリに写真を一切載せず、会ったときに直接見てもらうという方法です。

     

    写真を載せなければ、悪用されることは一切ありません。

     

    悪用はされることはありませんが、マッチングの数が極端に減ります。

    顔が分からないから、いいねは誰もしてくれないかも…。

    マッチング後に交換する

    マッチングした人だけと顔写真を交換するという方法。

     

    マッチング後に交換することで、不特定多数の人に見られることは防げます。

     

    これだけでも圧倒的に、顔写真悪用のリスクは下げることが可能ですよ!

     

    プロフィールに「マッチング後、写真を送ります。」と書いておきましょう。

     

    信用できそうな人にのみ写真を送れば、リスクはかなり抑えられ、マッチングもそこそこするでしょう。

     

    個人的に一番安心で出会いやすくなる、おすすめの方法です。

    SNSと違う写真を載せ、アカウントは鍵を付ける

    マッチングアプリに載せる写真は、SNSに載せている写真とは別の写真にする方法。

    そしてアカウントには鍵を付けましょう!

     

    先ほども少し触れましたが、マッチングアプリの写真とSNSの写真を同じものにしていると、Google画像検索でSNSが特定されてしまう危険性があります。

     

    SNSには載せていない写真を使うことで、SNSまで特定されることはなくなるので、マッチングアプリだけで使う写真を用意しましょう!

     

    顔写真は、マッチングアプリ専用の写真を使うようにしましょう!
    マッチングアプリの写真がない…という方は、マッチングアプリの写真撮影のプロが在籍している『マッチングフォト』か『Photojoy』に任せちゃいましょう。

    身バレ防止機能を使う

    身バレ防止機能を使う方法。

     

    マッチングアプリには、身バレ防止機能があります。

     

     身バレ防止機能とは、マッチングした相手・自分がいいねした相手にしか、プロフが表示されないという機能です。

     

    これを使えば、不特定多数の人にプロフは表示されることはないので、悪用されるリスクをめちゃくちゃ押さえることができるんです。

     

    しかし、1つ問題があって、

    "月額料金がかかる"んですよね。

    だいたい2,500~4,000円程度。

     

    ぶっちゃけ財布に優しくないですよね。

     

    そこであなたにおすすめしたいのが、

    身バレ防止機能が"無料"のマッチングアプリ。

     

    身バレ防止機能が無料で使えるアプリは、Omiaiwith

     

     

    Omiai

    Omiaiの身バレ防止機能は、

    公開設定を"非公開"にするだけ!

    マイページ
    各種設定
    プロフィールの公開設定
    「非公開」にチェック

    たったこれだけです。

    これで、プロフ(つまり顔写真)を見れるのは、マッチングした相手か自分がいいねを送った相手のみです。

     

    Omiaiに向いている人は、20代後半~40代の結婚を視野に入れつつ、彼氏彼女を探している人。

    婚活をがんばっているときに、写真の悪用なんてされたら気分ダダ下がりですもんね。

     

    婚活したいという方は、Omiaiの無料の身バレ防止機能で顔写真の悪用リスクを減らしてください!

     

    Omiaiに無料登録する!

     

    with

    withの身バレ防止機能は、"休憩モード"。

    マイページ
    各種設定
    休憩モードの設定
    「ON」にチェック

     

    withも、これだけで完了です。

     

    withの場合は、

    • 自分が、足あとを付けた/いいねを送った相手
    • 自分に、足あとを付けた/いいねを送った相手
    • マッチングしている相手

    には、自分のプロフは表示されます。

     

    withに向いている人は、20代~30代前半の彼氏や彼女が欲しい人。

    メンタリストDaigoが監修で、心理テストがめちゃめちゃ楽しい。心理テストの結果によって、心理学的に相性のいい相手が見つけられます!

     

    withに無料登録する!

     

     

    身バレ防止機能については、以下の記事でも詳しく解説しているので、もっと詳しく知りたいという方はどうぞ!

     

    マッチングアプリで顔写真を悪用されたときの対処法

    マッチングアプリで顔写真を悪用されてしまった方もいるでしょう。

     

    結論、以下の2つの対処法を行いましょう。

     

    • 運営に通報する
    • 警察に状況を説明する

     

    1つずつ解説します。

     

    運営に通報する

    まずは運営に通報しましょう!

     

    運営が対応できるまで、時間がかかることが多いので、できるだけすぐに通報することが望ましいです。

     

    証拠を提示されることもあるかもしれないので、一応スクリーンショットを取っておいて、証拠をして残しておくといいでしょう。

     

    警察に状況を説明する

    警察に状況を説明することで、取り合ってもらえるかもしれません。

     

    他人の顔写真を無断で利用することは、肖像権の侵害に当たります。

    これは犯罪に当たるので、警察に相談するのが安心です。

     

    こちらも忘れず、証拠を残しておきましょうね!

     

     僕の友達に、マッチングアプリの顔写真を別のチャットアプリで悪用されたことのある女の子がいます。

    運営に通報したら、別のアプリでは対応しきれないという対応をされていました。

    しかし、警察に相談したら、そのチャットアプリの運営に話をしてくれたみたいで、顔写真の使用を止めさせることができたようですよ!

    運営に通報して取り合ってくれないようなら、警察に頼るのもアリです!

     

    顔写真の悪用は使い方次第で防げます

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

     

    せっかくマッチングアプリでいい出会いを探そうとしているのに、写真の悪用なんてされたら、たまったもんじゃありませんよね。

     

    悪用されると身バレの危険もあるので、しっかりと対策をしておくことが大切です。

     

    悪用されないようにする方法は、以下の4つでしたね。

    • 写真を載せずに会ったとき直接見てもらう
    • マッチング後に交換する
    • SNSと違う写真を載せ、アカウントは鍵を付ける
    • 身バレ防止機能を使う

     

    ぜひ悪用を未然に防いで、いい出会いを掴みましょうね!

     

    身バレ防止機能があるマッチングアプリ